化粧品やサプリメントで「疲労回復」「ダメージ」は表現できる?言い換え表現を薬機法に基づき解説

こんにちは、マクロジの中島です。

現代社会において多くの人々が忙しい生活を送りストレスや疲労に悩まされています。そんな中、化粧品やサプリメントは手軽に健康をサポートする手段として人気を集めています。しかし、「疲労回復」や「ダメージ」といった効果を謳う表現には厳格なルールが存在します。これらの表現は薬機法に違反する可能性があるため細心の注意が必要です。

本記事では「疲労回復」や「ダメージ」の広告表現において薬機法に基づきどのように表現すべきかを詳しく解説します。

化粧品での「疲労回復」「ダメージ」表現はNG

薬機法や医薬品等適正広告基準の広告規制の対象には、化粧品も含まれています。化粧品で表現できる効能効果は原則として日本化粧品工業連合会(粧工連)が策定している「化粧品等の適正広告ガイドライン」に記載されている56項目に限定されています。「肌の疲れを改善する」といった表現は、この56項目には含まれていないため化粧品の効能効果として表現することは認められていません。

参考:化粧品の効能の範囲の改正について (平成23年7月21日)(薬食発0721第1号)各都道府県知事あて厚生労働省医薬食品局長通知より

化粧品での違反事例と言い換え表現

薬機法に抵触せずに製品の魅力を伝えるためには適切な言い換え表現を使用することが重要です。以下に違反事例とその適切な言い換え表現を紹介します。

疲れのサインを緩和

言い換え: 肌をリフレッシュし、健康的な印象に導く

傷んだ肌を再生

言い換え: うるおいを与え、なめらかな肌に整える

髪のダメージを再生

言い換え: しなやかでツヤのある髪に仕上げる

アンチエイジング

言い換え: ハリを与え、若々しい印象をサポート

化粧品の広告表現において重要なのは、製品が医薬品として誤解されるような効能効果を謳わないことです。化粧品は美容や清潔を保つための製品でありこの範囲で表現するようにしましょう。

美容ドリンクなど、一見化粧品に分類されそうな健康食品関連は上記の言い換え表現も含めて一切表現できませんのでご注意ください。

健康食品での「疲労回復」「ダメージ」表現はNG

サプリメントなどの健康食品は、あくまで食品で医薬品ではありません。健康食品において、医薬品的な効能効果を標榜することや用法用量を指定することは薬機法違反となります。以下のような表現は医薬品的な効能効果を示すと判断される恐れがあるため注意が必要です。

健康食品での違反事例と言い換え表現

健康食品広告で疲労やダメージについて表現する際に認められている言い換え表現を以下にまとめました。これらの表現例を参考に安全で効果的な広告を作成してください。

飲むと疲れなくなります

言い換え:ハツラツとした毎日のために

疲労回復

言い換え:毎日元気に過ごすために

免疫力アップ

言い換え:スタミナ補給のために

健康食品は栄養補給や健康の維持を目的とした表現に留めるようにしましょう。

美容機器での「疲労回復」「ダメージ」表現はNG

美容機器や健康機器はあくまで雑貨です。医療機器に相当するような効能効果を謳うことは薬機法違反となる恐れがあるため認められていません。例えば「血行を促進して疲労回復」というように、身体に直接影響を与えるような表現はNGとなります。

美容機器や健康機器が医療機器とみなされた場合、それらの販売には医療機器販売業の許可や届け出が必要となります。これらの許可や届出が行われていないと、医療機器を無許可で販売したとして薬機法24条に違反します。

美容機器、雑貨での違反事例と言い換え表現

美容機器や健康機器の広告において、以下のNG表現を避け適切な言い換え表現を使用することが重要です。

血行を促進して疲労回復

言い換え: リフレッシュ感を与える、気分をリフレッシュする

肌のダメージを再生する

言い換え: 肌を保護する、肌を健やかに保つ

このシャツを着ると姿勢が良くなる

言い換え: 姿勢をサポートする

免疫力を高める

言い換え: 健康をサポートする

更年期障害の症状を改善

言い換え: 中高年の健康をサポートする

美容機器や雑貨は美容や健康をサポートする製品であり、この範囲で表現するようにしましょう。ただし、これらは時代の流れと共にNGとなることも十分考えられるため専門家の見解なども交えながら訴求していくことをおすすめします。

Q&A これはOK表現?NG表現?

ここからは当社でもよくご質問いただく表現について解説いたします。

Q:化粧品の広告で「抗炎症作用がある」と表現することは可能ですか?

A:「抗炎症作用がある」という表現は化粧品で表現できる56個の中に含まれないためNGです。「肌を健やかに保つ」などの表現であれば問題ありません。ただし、グリチルリチン酸二カリウムなど有効成分の含まれた医薬部外品であれば表現できる場合があります。

Q:サプリメントの広告で「毎日元気に過ごすために」と表現することは許可されていますか?

A:あくまで日常生活を元気に過ごすためのサポートを強調するもので医薬品的な効能を示唆しないため使用可能です。これはサプリメントの目的である「健康を維持する」「栄養補給をサポートする」という役割に合致しています。

Q:化粧品の広告で「髪にツヤを与える」と表現することは可能ですか?

A:「化粧品等の適正広告ガイドライン」で「髪にツヤを与える」という表現は含まれており、薬機法の範囲内で使用可能な表現です。

まとめ

広告表現においては、法令遵守と同時に消費者に信頼感を与えることが重要です。事実に基づいた効果を正確に伝え、化粧品の効果を最大限に引き出しましょう。

・化粧品、健康食品、美容雑貨で「疲労回復」「ダメージ」関連の表現はできない。

・すべてサポート表現(健康維持のために、美容のために、運動をサポート)や使用感の表現しかできない。

参考リンク

https://gk-post.com/7739
https://beaker.media/blogs/fatigue-damage-advertising-expression

・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告表現は表示の受け手である「一般消費者」にどう捉えられるかが争点となりますので、以前はOKだった表現が時代の流れと共にNGとなることもあります。また、見る人が変わればOKだと思われる表現もNGになる可能性も。誰が見ても正しく伝わる表現を意識し、常にアンテナをはって正しい知識を持つことや、プロの見解も交えながら訴求することで、お客様が安心してお買い物できる環境となり、企業も守ることになります。

皆で正しい広告表現を目指していきましょう!

マクロジでは、制作物の全てを広告審査しております。サービスについては以下からお問合せください。

関連リンク

化粧品や医薬部外品で美容成分は表現できる?成分表示を薬機法に基づき解説

化粧品の表現における定義とは?薬機法に基づく言い換えや違反事例をわかりやすく解説

株式会社マクロジと広告表現チェックツール『コノハ』を運営する(株)アートワークスコンサルティング、広告チェック領域で業務提携